Board banner big problems 286c562bdc876be2df445cdaece5e00ee536a88d136a6531460371a44665d09d

GoogleのCEOラリー・ペイジが行った無駄な会議をなくす4つの改善点

2014-12-14 20:43:00
GoogleのCEOラリー・ペイジが、会議の無駄をなくすために行った4つの改善点について簡単にまとめました。


GoogleのCEOラリー・ペイジ


ラリー・ペイジ氏はGoogleの共同共同創業者であり、現在のCEOです。
2001年まで共同社長兼最高経営責任者を務めた後、CEO職をエリック・シュミット氏に譲り、2011年にCEOに復帰しました。


復帰後のラリー・ペイジが行った会議の改善


ラリー・ペイジ氏は2011年にCEOに復帰した際、会議の進め方の改善を行いました。
CEOに復帰してすぐ、全社員に「効果的な会議の方法」という件名のメールを送り、これまでの会議の進め方を一新しました。
ラリー・ペイジ氏が行った会議の改善は、以下の4つです。

1.会議には必ず意思決定権者が出席する。
意思決定権者いない、または決議ができない場合は、会議は開かない。
Every meeting must have one clear decision maker. 
If there's no decision maker -- or no decision to be made -- the meeting shouldn't happen.

2.会議に出席する人数は最大10人まで。
No more than 10 people should attend.

3.会議の出席者全員が議論に参加する。
そうでなければ参加すべきでない。
Every person should give input, otherwise they shouldn't be there.

4.意思決定のための会議を待つべきではない。
もしも、意思決定の前に会議が絶対に必要であるならば、すぐに会議の予定を決めるべきである。
No decision should ever wait for a meeting.
 If a meeting absolutely has to happen before a decision should be made, then the meeting should be scheduled immediately.


ラリー・ペイジ氏は会議の無駄を省き、効率良く会議を進めるために、意思決定権者を置くことを指示しています。
意思決定のための会議は持つべきではないことも指摘しており、意思決定権者の存在が会議をスムーズに進めるカギを握っていると考えていることが分かります。
だらだらとした会議ほど無駄なものはないので、無駄な会議が多い会社は、Googleに倣って意思決定権者をひとり決めてみてはいかがでしょう。

Board banner big green 81ad384ee0182f5e0de8fe67b311f03cb9bd2d208a1df882d24c8257cbdcb28f
board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 英語 基本レイアウト 源泉徴収 領収書の書き方 簿記・仕訳・経費 発注請書の書き方 発注書の書き方 納品書の書き方 年末調整・控除 売掛金・入金管理・回収 登記簿 税金・節税 請求書の書き方 請求書テンプレート・フォーマット 請求書・見積書・発注書・書類の郵送 人気記事 消費税 助成金 見積書の書き方 検収書の書き方 決算 起業・経営 確定申告 ビジネス文書テンプレート 作業効率化 敬語・マナー ロジカルシンキング 自己啓発 節約 人材採用 企画 労務・働き方 法務 業務系クラウドサービス マーケティング・プロモーション 総務 販売管理
Board blog banner1 43941ebd00b46206d4d68a6c4c6a35b6eef79635d127ac4f4568f878125bbdf2