Board banner big problems 286c562bdc876be2df445cdaece5e00ee536a88d136a6531460371a44665d09d

アルバイト・パートの試用期間中の解雇に関する労働基準法の決まり

2015-06-23 18:31:00

正社員だけでなく、アルバイトやパートにも試用期間があり、試用期間中に解雇となるケースもあります。

試用期間中に解雇するには労働基準法に基づいた対応が必要ですので、雇用主は試用期間中の解雇に関する法律を知っておかなければなりません。
アルバイト・パートの試用期間における解雇でトラブルにならないための、試用期間中の解雇に関する労働基準法をまとめました。


試用期間でも解雇予告が必要

労働基準法では14日を超える雇用の場合、解雇をするには解雇予告をしなければならないと定めています。
解雇の30日前に予告しなければならず、即日解雇の場合は30日分の解雇予告手当てを支払わなければなりません。

アルバイトでもパートでも解雇予告の対象になりますので、試用期間中であっても雇用期間が14日を超えていれば解雇予告をする義務があります。


入社14日以内なら解雇予告は不要

雇用が14日を超えた従業員に対しては解雇予告が必要ですが、入社して14日以内なら解雇予告は不要となっています。解雇については雇用主の裁量で決めるのではなく、解雇不当にならない理由が必要です。

例えば試用期間中に繰り返し遅刻し、注意をしても改善されない場合や、指示を無視したり接客態度が悪く指導しても改善されない場合などは解雇することができます。他にいい従業員が見つかったなど、雇用主側の都合で解雇するのは解雇不当にあたります。

解雇をするには合理的な理由が必要であり、雇用主の都合で解雇を決められるものではありません。勤務態度に問題がある場合は指導を行い、改善されれば解雇の必要がなくなりますし、何度指導しても改善がみられない場合に解雇が可能となります。


試用期間は就業規則に明記する

アルバイトやパートの本採用の前に試用期間を設けるかどうかは義務ではないので、雇用主が決めることができます。
試用期間は職務を遂行できる能力があるかどうか、勤務態度や協調性があるかどうかを見極めるための期間で、勤務態度などが著しく悪く、客観的に解雇するだけの理由がある場合は試用期間をもって解雇すると判断します。

試用期間で本採用に至らないだけの理由があったとしても、不当な解雇であると言われトラブルになるケースがありますので、就業規則で試用期間について明記しておく必要があります。
試用期間の長さは企業によって異なり、1週間の短期間から3ヶ月まで様々です。
アルバイトとパート、正社員でそれぞれ試用期間が異なるケースも多く、試用期間を設ける場合は就業規則に明記しなければなりません。
Board banner big green 81ad384ee0182f5e0de8fe67b311f03cb9bd2d208a1df882d24c8257cbdcb28f
board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 基本レイアウト 英語 ロゴ タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 board 基本レイアウト 英語 ロゴ board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 基本レイアウト 英語 ロゴ board ヨコ型 タテ型 値引き 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 英語 基本レイアウト 源泉徴収 領収書の書き方 簿記・仕訳・経費 発注請書の書き方 発注書の書き方 納品書の書き方 年末調整・控除 売掛金・入金管理・回収 登記簿 税金・節税 請求書の書き方 請求書テンプレート・フォーマット 請求書・見積書・発注書・書類の郵送 人気記事 消費税 助成金 見積書の書き方 検収書の書き方 決算 起業・経営 確定申告 ビジネス文書テンプレート 作業効率化 敬語・マナー ロジカルシンキング 自己啓発 節約 人材採用 企画 労務・働き方 法務 業務系クラウドサービス マーケティング・プロモーション 総務 販売管理
Board blog banner1 43941ebd00b46206d4d68a6c4c6a35b6eef79635d127ac4f4568f878125bbdf2