Board banner big problems 286c562bdc876be2df445cdaece5e00ee536a88d136a6531460371a44665d09d

従業員を守るために必要な緊急受診に関する取り決め

2015-05-11 11:36:00


従業員が傷病や怪我によって緊急受診が必要となる状況に遭遇し、会社の人間が同行する場合があります。
そうした緊急事態はもちろん起こらない方がいいですが、万が一緊急受診が必要となった際に慌てず対応できるように、どう行動すべきか、そして同行すべきかどうかの判断をすぐできるようにしておきましょう。


緊急受診に同行するかどうかの判断

従業員が就業中に倒れたり、怪我をし緊急受診が必要となる場合があります。
同行が必要かどうかの判断基準としては、本人が会話できる状態でなかったり、意識がない状態の場合が挙げられます。

精神疾患による自傷他害行為がみられる場合の判断は難しいですが、緊急性が高いと判断した場合は救急車を呼び、会話が難しい状態であるならば同行が必要となります。


救急車を呼ぶかどうかの判断

救急車を呼ぶかどうかの判断もすぐにしなければなりません。
意識が混濁している状態や、生命に関わる怪我をしている場合は迷わず救急車を呼びましょう。
周りの人間がパニックになってはいけないので、すぐに的確な判断ができるよう落ち着いて行動することが大事です。

受診が必要なものの、意識がしっかりしているなど緊急性が低い場合は社用車やタクシーなどを利用しましょう。
救急車を呼ばない場合に備え、どこの病院が診察時間外に診察をしてくれるかを把握しておくことも必要です。


緊急受診の同行の取り決め

緊急性が高い場合はすぐに救急車を呼び、病院で診てもらうことになりますが、急なことで会社の人間が同行すべきかどうかの判断に迷ってしまうかと思います。
そうした時に慌てず冷静に対応できるように、同行が必要な場合の状態や誰が同行するのかを決めておいた方が良いでしょう。
そうした緊急時はケースバイケースで柔軟に対応することが求められますが、病院への搬送が遅れないように、直属の上司が同行するのか、総務の人間が同行するのかなど、あらかじめ取り決めをしておくことが必要です。

また、緊急受診は2名で同行する方がより確実です。
もし車で病院に向かっていて事故や渋滞に巻き込まれた時に、1人では対処できなくなるため、できれば2名で同行した方が良いでしょう。

緊急時に適切な判断ができるよう、急な傷病や怪我に備えた取り決めをしておくことはとても大事です。
従業員の生命に関わる緊急時も起こりうるため、従業員を守るために緊急時の取り決めをしておきましょう。
Board banner big green 81ad384ee0182f5e0de8fe67b311f03cb9bd2d208a1df882d24c8257cbdcb28f
board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 英語 基本レイアウト 源泉徴収 領収書の書き方 簿記・仕訳・経費 発注請書の書き方 発注書の書き方 納品書の書き方 年末調整・控除 売掛金・入金管理・回収 登記簿 税金・節税 請求書の書き方 請求書テンプレート・フォーマット 請求書・見積書・発注書・書類の郵送 人気記事 消費税 助成金 見積書の書き方 検収書の書き方 決算 起業・経営 確定申告 ビジネス文書テンプレート 作業効率化 敬語・マナー ロジカルシンキング 自己啓発 節約 人材採用 企画 労務・働き方 法務 業務系クラウドサービス マーケティング・プロモーション 総務 販売管理
Board blog banner1 43941ebd00b46206d4d68a6c4c6a35b6eef79635d127ac4f4568f878125bbdf2