フリーランサーが税理士に記帳代行・確定申告書の作成を依頼するメリット・デメリット

2015-02-01 02:01:00

 

フリーランサーや個人事業主の方は、自分で会計ソフトに入力し、確定申告を行うことが多いかと思いますが、税理士に依頼した場合のメリット・デメリットを整理してみました。

 

税理士事務所と顧問契約を交わすメリット・デメリット

起業したての頃はできるだけ経費を節約したいという考えから、自分で会計を行うフリーランサーや個人事業主は多いかと思います。

会計を経験すればお金の出入りを自分で管理できるので事業主としていい経験になると思いますが、伝票整理や帳簿付けなどにかかる時間を節約すればその分事業に時間をかけることができます。

事業に割く時間が増えれば売上アップにつながりますし、時間を買うと考えれば会計事務所に依頼するのは非常にメリットがあると思います。経理ができる人材を雇用するより、税理士事務所に依頼した方が安くつきますし、専門知識を有する税理士に任せた方が税金対策にもまりますし、何より安心です。

ちなみに、公認会計士は企業の会計を監査することが主な業務ですので、フリーランサーが会計を依頼するのは公認会計士ではなく税理士が一般的です。

毎月の会計をしてもらうには、税理士と顧問契約を交わします。顧問契約すると記帳や確定申告の種類作成など全面的なサポートを受けることができ、随時経理や税金の相談に乗ってくれます。

デメリットはやはり費用がかかる点です。正しく経費計上できること、記帳にかかる時間を節約できることと費用を秤にかけ、その税理士事務所に依頼すれば費用以上のメリットがあると判断すれば依頼すべきだと思います。

 

確定申告の書類作成だけ会計事務所に依頼するメリット・デメリット

毎月の記帳は自分で行い、確定申告の種類作成だけを依頼することもできます。

顧問契約ではなく、確定申告の時だけ依頼するのでコストは抑えることができます。

正しい知識があり、適切な記帳ができる場合は問題ありませんが、そうでない場合、逆に修正で大きな手間がかかってしまう可能性があります。

たとえば、経費計上できるものをしていなかったすると不要な税金を払うことになりますし、経費計上できない部分を経費にしてしまっていると、追徴課税される恐れがあります。

 

クラウド会計ソフトを使う

クラウド会計ソフトはリーズナブルな金額で利用でき、銀行口座やクレジットカードを登録すれば自動で帳簿付けをしてくれるのでとても助かります。

青色申告決算書、確定申告書に対応しているクラウド会計ソフトもありますので、クラウド会計ソフトを使うのもひとつの方法です。

ただ、入力自体が適切でなかった場合は、当然適切な確定申告はできませんので、コスト的に可能であれば、クラウド会計に対応している税理士さんにお願いするというのがより良い方法ではないかと思います。

オススメ記事

人気のコンテンツ

請求書エクセル/Excelテンプレート集(無料)
見積書エクセル/Excelテンプレート集(無料)
発注書エクセル/Excelテンプレート集(無料)
board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 基本レイアウト 英語 ロゴ board 基本レイアウト タテ型 繰越金額 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 値引き ヨコ型 源泉徴収 ロゴ 英語 board タテ型 英語 基本レイアウト ビジネス文書テンプレート 源泉徴収 領収書の書き方 発注請書の書き方 発注書の書き方 納品書の書き方 売掛金・入金管理・回収 登記簿 税金・節税 請求書の書き方 請求書テンプレート・フォーマット 請求書・見積書・発注書・書類の郵送 人気記事 見積書の書き方 検収書の書き方 起業・経営 確定申告 ビジネス文書テンプレート 作業効率化 販売管理